54277300_306597716718174_4983413495984352469_n
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/08/19(月) 16:43:32.68 9
    2019-08-17

    土田晃之 アンパンチ論争に「僕らの世代なんて、ご飯の時間に北斗の拳」
    <スポニチアネックス> 8/16(金) 14:33配信
    全文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000143-spnannex-ent



    ▼ 記事によると…
    ・お笑いタレントの土田晃之(46)16日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。人気アニメ「アンパンマン」の「アンパンチ」で幼児が暴力的になるという論争について持論
    ・土田は「僕は全然“暴力的にはならない派”ですよ」とコメント。「うちの子どもたちも(幼少期に)アンパンマンもちろん見てましたけど、全然暴力的でもない。一番は、そういうのがあった時に親がどう教育するかが大事。この教育する能力がない人が作品のせいにする」と考えを述べた。「僕らの世代なんて、晩ご飯の時間に“北斗の拳”っていうのやってましたからね。100発相手を殴って、殴られた人が爆発するのを見ながら(育った)。だからって、我々(が暴力的だとか)何かあります?どういうことなのか、教育で説明するのが大事」と主張した。
    ・お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(43)
    「アンパンチ見て暴力的になるような子どもは、何しててもいずれ暴力的になる可能性がある。早めに矯正できるチャンス」
    https://snjpn.net/archives/152049

    【土田晃之、アンパンチ論争に「僕らの世代なんて、ご飯の時間に北斗の拳。殴られた人が爆発するのを見ながら育った」 】の続きを読む

    trivianews_5733733_0
    1: アンドロメダ ★ 2019/08/22(木) 12:08:03.33 ID:qFHqtyHK9
    22日に決勝が行われる第101回全国高校野球選手権大会。
    元号が令和となって初めての甲子園には、名前の読み方が難しい選手が多数出場した。

    「野球をやってほしい」「愛される人に」など、名付けた親の思いはさまざま。
    どんな名前の選手がいるのか、紹介すると-。

    「父が野球、母はソフトボールをしていました」と話したのは、秋田中央の加賀屋三亜土(さあど)選手。
    2人の兄も奨人(しょうと)さん、千太(せんた)さんとポジションにちなんだ名前で、「(両親が)野球をやってほしいと名付けたとのことです」と説明する。

    「『愛される人になってほしい』との思いが込められていると聞きました」とは、石見智翠館(島根)の関山愛瑠斗(あると)主将。
    一方、星稜(石川)の岡田大響(ひびき)選手は「父は野球、母は陸上競技をやっていました。音楽に関係がある家庭というわけではありません」と答えた。

    静岡の小岩和音(あのん)主将や履正社(大阪)の野口海音(みおん)主将、高松商(香川)の花岡海音(かいと)選手も含め、音をイメージさせる名前が目立つ。
    同じ漢字でも読み方が異なるパターンもある。

    八戸学院光星(青森)の横山海夏凪(みなぎ)選手、関東第一(東東京)の吉安飛祐豪(ひゅうごう)選手、熊本工の江川輝琉亜(きるあ)選手、沖縄尚学の水谷留佳(るか)主将など、カタカナ表記が似合いそうな読み方の選手も多かった。
    難読という点では、履正社の野上聖喜(いぶき)選手や津田学園(三重)の中村宇亜(のきあ)選手。
    選手の個性を感じさせる名前は、時代の変化を象徴しているといえそうだ。

    no title

    https://www.sankei.com/smp/sports/news/190821/spo1908210015-s1.html

    ★1が立った日時:2019/08/22(木) 00:15:01.45
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566400501/

    【【高校野球】令和初の甲子園、キラキラネームがいっぱい…】の続きを読む

    e93493374871431e1a26f2f1181245039c6ba99b_xlarge
    1: Egg ★ 2019/08/22(木) 09:55:44.33 ID:w7bhUByP9
    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190821-00010013-abema-000-1-view.jpg

    11日に行われた東京オリンピック・パラリンピックのオープンウォータースイミングのテストイベント。競技結果以上に注目が集まったのは、選手たちからの「トイレの臭いがする」「正直臭い」といった感想だった。

    そして17日、パラトライアスロンの前日水質検査では、ITU(国際トライアスロン連合)は最悪の「レベル4」に分類される、基準(100ml以下で250匹以内)の2倍の大腸菌が検出され、スイムは中止となった。

    【動画】榎本区議が撮影した汚水の映像
    https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p1296

     開催まであと1年、東京の汚水の“不都合な真実“とは。20日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、その背景を探った。

    ■「検査方法が杜撰」…溶け残ったトイレットペーパーも浮遊!?

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190821-00010013-abema-001-1-view.jpg

    国連テクニカルアドバイザーも務める吉村和就・グローバルウォータ・ジャパン代表は「これらは“糞便性“の大腸菌で、簡単に言えば人間が出したウンコなどが全部入っているということだ。赤痢、疫痢、チフス、レジオネラなど、人間の体内のあらゆるものの中で、ITUとしては大腸菌を指標にしましょうということにしている。250個の大腸菌を1000人に飲ませた場合30人がお腹を壊すというWHOの基準だ。身体が丈夫な人であれば問題ないかもしれないが、乳幼児には良くないし、身体に傷があれば破傷風になる可能性もある」と話す。

     さらに吉村氏は「糞便性の大腸菌の場合、44.5度で24時間培養し、その効果を確かめることになっているが、今回は16、17日の夕方に採取して、朝にはゼロだったという結果が出た。つまり、24時間やらなければいけないところ、12時間しかやっていない。検査方法が杜撰だし、一体何を信用すればいいのか」と指摘した。

    8/21(水) 17:06配信 アベマタイムス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00010013-abema-soci

    【【東京五輪】<お台場の汚水に衝撃!>「これらは“糞便性“の大腸菌」「残ったトイレットペーパーが泡のように…」「到底間に合わない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ